原付2種ナンバー申請・登録手順

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

 

原付2種へステージアップ! ナンバー登録は市区町村の役所の管轄

■ 原付2種ナンバー申請・登録手順

 

こちらのページでは、50ccのままだったトゥデイやDIOをボアアップ(ピストンとシリンダーを交換して排気量をUPすること)後、公道で走行できるようにするための手続き関係を記載します。

 

 

 

原付スクーターのボアアップの魅力

■ 原付2種ナンバーの申請は個人でできます!もともと個人でするものですから♪

 

原動機付自転車トゥデイをボアアップ(50cc⇒94cc)してしまった人の動機を紹介しておきます。

ボアアップに手を染めた(笑)理由
・ 『激遅』で有名なトゥデイなのに実はハイパワーだったりすると面白いから
・ 駐車スペースは自転車レベル(原付レベル)
・ 初めから原付2種を買わなかったのは、トゥデイのデザインが好きだから
・ 新車車体価格10万円のお手軽スクーター
・ 50ccトゥデイの加速・登板力のなさに不満があった
・ 普通自動二輪免許を持っていたから

単にスピードを求める方は初めから原付2種を購入した方がいいと思いますが、トゥデイや愛車のスタイルがオシャレでカワイイと感じる方や、バイクいじりや整備を自分で行ってみたいという方は、チャレンジしてみる一段と愛着が沸き、楽しい毎日を送れるでしょう。

 

 

 

ボアアップのマイナス面

■ ボアダウンによるナンバー申請もできますが ^^;

 

ボアアップについてのネガティブな面も紹介しておきます。

ボアアップのマイナス面
・ ボアアップまでするようになると、他の部分(ハイギアなど)もいじりたくなり、泥沼にハマる
・ 排気量が同じでも、元からの50ccオーバーの原付2種や小型二輪車両並みのスピードは出ない
・ 速度だけを考えると、車体が安くてもパーツ代や工具代を含めると安くない

愛車である原付スクーターを気に入って選んだ方であれば、2、30代以上の方でも、趣味の延長というレベルでこのバイクをいじっても、恥ずかしくはないでしょう。車をお持ちの方でも、スクーターを処分する必要はないと思うので、長くお付き合いできるスペシャルなバイクになります。

時代が変わり、かつての暴走族の犯罪走行の道具ではなくなったバイク。
バイクいじりは気持ちに余裕のある大人たちの遊び心の趣味にしたいものですよね♪

 

 

原付2種へステージアップ!~変更する前と変更した後~

■ 原付2種ナンバー変更後のメリットとデメリット

 

ボアアップをすると原付(原付第1種)から小型自動二輪(道路運送車両法では原付第2種)の扱いを受けます。
弊害も少しありますが、それ以上の恩恵を受けることができるので、その違いをまとめてみます。

 

メリット
・ 法定速度が時速60キロとなる
・ 片道3車線以上の交差点などを二段階右折せずに右側車線から右折してもよい

 

デメリット
・ 『原付・自転車を除く』進入禁止などを通行できなくなる ⇒道路交通法=小型自動二輪扱いのため
・ 年に一度の軽自動車税がほんの少しだけ高くなる    ⇒道路運送車両法=原付二種扱いのため

 

法定速度変更のメリットは大きいですよね。
黄色やピンク色の「原付のナンバーではないバイク」が原付バイクとして30キロ以上の速度違反で切符を切られることはありません
速度的に見ると原付の車体で自動車と同じこと(速度)ができるわけです。50ccの原付とは大違いです。

ガソリン代は5・600円で満タンになるし、車検はありません。
自動二輪免許をお持ちの方はこの機会にボアアップをしてみてはいかがでしょうか?

自己責任のもと、整備や手続きをおこなってください。

 

 

原付2種へステージアップ!~できる事とできない事~

■ 原付と超原付と原付2種。

 

ボアアップをすることによって、原付の白色のナンバーを市役所・区役所などに返納し、新しく排気量に見合ったナンバーを交付してもらわなければ、公道を走行することはできません。トゥデイをボアアップした場合、変更されるナンバーは2種類考えられます。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

※ もともと乗車定員が1人のスクーターはナンバーが変わっても乗車装置がありません。
二人乗りをすると定員外乗車として違法行為となります。

※ 道路交通法では原付2種とは言わず、小型自動二輪(小型限定)とよばれますが、同じものを指します。
「原付を除く」という標識に原付2種(=小型二輪)は含まれません(=通れなくなります)ので、注意してください。

 

 

 

原付⇒原付2種へナンバー登録申請手順

■ バイク屋さんでバイクを買った時の「登録手数料」・・・これって、お客さんに代わって書類を出しに行っているだけなんです。

 

地方自治体によっては異なるようですが、市・区役所にて自分でナンバーの交付を受けることができます

 

用意するもの
・ ナンバープレート(自賠責保険のシールをはがしておく)
・ 標識交付証明書
・ 印鑑
・ 身分証明書

 

交付までの流れ
① 50cc原付ナンバーを持参、庁舎の受付でどこ(○○課など)に行けばよいかを聞きましょう。(納税関係の窓口に案内されます。)
② はじめに『エンジンの排気量が変わってしまったので2種登録したいのですが・・・』とちゃんと告げると必要な書類をそろえてくれる。
③ 50ccの白ナンバーを廃車申請。ナンバーを返納する。
④ 2種申請書類をくれるので、標識交付証明書(原付1種=50cc)を見ながら、車台番号ほか、登録情報、変更後の排気量を記載する。
⑤ なぜ、排気量が変わったのか、その説明を簡単に1,2行で書いた理由書を市長宛てで書く。(窓口の人が書き方を教えてくれる)その後、署名、捺印。
⑥ 50ccナンバーの廃車申告受付書を受領。
⑦ 50ccの標識交付証明書と引き換えするのように、原付2種の証明書を受領。
⑧ 黄色(51~90cc)、またはピンク色(90~125cc)のナンバーが交付される。



一連の流れはこのような感じです。

 

 ~補足~

・ 理由書
常識的な理由が必要だと思います。役所の人を困らせないようにスムーズに手続きを進めましょう。
「速くしたかったから」という理由の人に「はい、OKですよ」と交付はされません。
形式的なものとはいえ「市区町村『長』」宛ての理由申告書です。
それを踏まえて、『エンジンを換えなくてはならなかった理由』ってどんな状況だろう?と、考えてみてからトライした方がすんなり終わります。

・ 廃車申告受付書
自賠責保険の変更手続きの際に必要となります。
販売店によっては自賠責保険の証明書はナンバー登録ではなく車台番号で登録しているところもあり、自賠責 保険証明書にナンバーの記載がなければ特に変更手続きをする必要はないのかもしれません。ご確認ください。

 

スクーター復活術―不動車両を自力で直す
ツーリングのすべて
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
日本の秘境ツーリング―よりぬき「日本一を探す旅」
ツーリングマップル全日本

 

 

4スト原付+ビッグスクーター改造補足解説

■ 調べればわかる。いや、それじゃわかりにくいから・・・

 

★ちょっと役立つスクーター関連用語&マメ知識

「調べればわかることをどうして調べないの?」
そんなことを言われてしまいそうな初心者の方も、スクーター改造ナビなら安心です。
一緒にこっそりと勉強してしまいましょう♪


原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ ボアアップ
 

ボア(bore)=内径・口径。
エンジンのシリンダー・ピストンの口径を大きい物に交換し、排気量を上げ、パワーを上げる改造方法。
50ccの原付所有者はボアアップを施すと、原付ではなくなるため、自動二輪免許所持や原付2種ナンバーに変更する必要があるので、特に注意しましょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 免許があれば早めに
 

買ったばかりのトゥデイ、性能に不満のあるまま「買ったばかりだから」と、パーツ交換をためらっていませんか?
一万キロ乗ってから・・・ではなく、乗ってて楽しいスクーターをこれからの一万キロを走りませんか?

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 各社のボアアップキット
 

キタコからはライトボアアップ、スペシャルボアアップキット、タケガワからはSステージボアアップキット、それにハイカムやビッグキャブなどがセットになった+αのものが出ています。(AF61トゥデイの場合)

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 別格車両へ
 

今までの非力なトゥデイを知っている人にとっては本当に喜びのエンジンパワーに。
そして、小型・中型自動二輪を知っている人にはそれなりの感動が。(笑)

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 94ccと81ccトゥデイ
 

どちらが速いか・・・イメージ的には94ccの方が速そうに感じられるのですが・・・ピストンの口径が小さいほどエンジンは高回転が可能になるので、排気量=加速力(パワー)であって、=最高速でもないことを覚えておきましょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ キタコ・ライトボアアップ
 

94ccのため、一般的にはピンク色のナンバーとなります。ノーマルのシリンダーヘッドを利用し、交換するのはシリンダーとピストンのみ。
強化バルブスプリングも入っていますが、取り付けるには別の専用工具「バルブスプリングコンプレッサー」が必要です。スプリングは変えなくてもよく走ります。同じ94ccでもSPLキットの方がパワーアップはかなりの違いがあります。SPLのシリンダーヘッドを後から別個に組み付けることはできないのでご注意ください。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ キタコ・SPLボアアップ
 

94cc専用シリンダーヘッドの付属したスペシャルボアアップキット。
吸排気バルブやポートも最適化された専用ヘッドのため、キタコトゥデイ最強基本エンジンとなるでしょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ タケガワ・Sステージキット
 

81ccのため、一般的には黄色ナンバーとなります。排気量はキタコのものより小さいものの、その分、ピストンが軽い。そもそもボアアップで排気量がほぼ「倍(50cc→94cc)」になるバイクは珍しいようです。普通は数~数十%増であるのが一般的なボアアップなので、81ccはタケガワの弾き出した理想的な数字なのかもしれないですね。

 

 

 

この章では4ストスクーターやバイク全般についての初歩的な知識を取り上げていきます。

■ 原付スクーター・125ccスクーター・ビッグスクーター 初心者の入門知識

 

原付 + ビッグスクーター カスタム 改造 ナビ TOP
原付+ビッグスクーター改造入門知識ナビ INDEX
4ストスクーターの改造を考える順番 1/2 ←プーリー・リアサスペンション・ハイブリッドCDIについての注意とポイント
4ストスクーターの改造を考える順番 2/2 ←ボアアップ・ハイギア・ビッグキャブレター・マフラーについての注意とポイント
4ストロークと2ストロークエンジンの特性の違い ←4ストと2ストのエンジン構造とスクーターの歴史
スクーター・バイク・整備改造に必要な工具類 ←どんな工具があったらいいか、写真と共にチェックしておきましょう
4ストエンジンオイルの知識 ←ホンダ純正オイルは他社のバイクにももちろん使えます。わかりやすいおすすめオイル
バイクの慣らし運転と暖機運転 ← バイクの慣らし運転はどんな風にしなくてはいけないの?
スクーターの変速メカニズム 1/2 ←ギアのないスクーターがスピードが上がっていくのには理由があります vol.1
スクーターの変速メカニズム 2/2 ←ギアのないスクーターがスピードが上がっていくのには理由があります vol.2
ウエイトローラーセッティング方法 1/2 ← スクーターのプーリー内のウエイトローラーの入れ方と組み合わせ vol.1
ウエイトローラーセッティング方法 2/2 ← スクーターのプーリー内のウエイトローラーの入れ方と組み合わせ vol.1
原付2種ナンバー申請・登録手順 ← 原付スクーターをボアアップした後の自分で行う登録手続き
ライトボアアップvsSPLボアアップ ← 誰も知らないノーマルシリンダーヘッド流用タイプと専用設計シリンダーヘッドの違い
スクーター用ヘルメットの種類 ← 3種類のヘルメットはスクーターのタイプによってチョイスしましょう
スクーター用高機能グローブ ← スクーターにおすすめの防水設計グローブ
スクーター用レインウェア ← スクーターに最適のレインウェアを知ってますか?

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
スクーター改造の基本知識 スクーターの性能データ スクーターの改造手順
原付二種スクーター改造基本スペック バイクツーリングアイテム スクーター改造ナビ

 

ウエイトローラーセッティング方法 2/2 ←  原付+ビッグスクーター 改造ナビ  → ライトボアアップvsSPLボアアップ

| TOP | スクーター改造知識 | スクータースペック | メンテナンス・改造手順 | スクーターパーツ探し方 | ツーリングアイテム |

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

原付+ビッグスクーター改造


原付+ビッグスクーター
カスタム改造ナビ カテゴリ


原付+ビッグスクーター知識


デスクトップ的リンク

癒しとバイクとカメラ旅
 
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
 
 
ウェアラブルカメラ AEE Magicam SD21
 
 
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
 
 
ソロツーリスト トレックパック40
 

SPECIAL LINKS
バイクツーリングナビ 都道府県ツーリング
バイクツーリングナビ キャンプツーリング
クロスバイク初心者ナビ
サイクリングナビ
about スクーター改造ナビ
サイトの略称は
「スクーター改造ナビ」

当サイトのベース車体はHONDAの50cc・AF-61キャブレタートゥデイデラックス。

紹介動画&改造について
改造ナビ内では、参考映像として動画投稿サイトに公開されている素敵なバイクメンテナンス動画をご紹介させいていただいております。

映像の著作・管理権は投稿者様または配信サイトにあります。

また、パーツやアイテムについての疑問点はショップさんやパーツ開発のメーカーさんにお問い合わせをしましょう。