キタコボアアップキット比較研究

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

 

キタコボアアップキット比較研究

■ LIGHTアアップ VS SPLボアアップ

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
 ライトボアアップ  SPLボアアップ
 ライトボア専用ピストン  SPL専用ピストン
 ライト用ピストンピン  SPL用ピストンピン
 94ccシリンダー(共通)  94ccシリンダー(共通)
 強化バルブスプリング  SPL専用シリンダーヘッド
 ―  キタコハイカムシャフト
 ガスケット
ピストンピンクリップ(共通)
 ガスケット
ピストンピンクリップ(共通)
 6.6馬力(ps)  8.4馬力(ps)

現行ボアアップキットでの最大排気量を誇るキタコのTODAY/DIO系(AF61/AF62)ボアアップキット
ノーマルのシリンダーヘッドをそのまま使うことのできる『ライトボアアップ』と、大口径バルブ仕様の専用シリンダーとハイカムの付属する『SPLボアアップ』。どちらも同じ排気量ですが、その性能にはかなりの違いがあるらしい・・・。

同系統のパーツ&高価なパーツのため、両方を同時に手にする人はあまりいないと思います。「なにがどう違うんだろう・・・?」と、どちらを購入しようか迷っている方、また、ライトボアアップからのバージョンアップをお考えの方など、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

LIGHTボアアップ VS SPLボアアップ ピストンパーツ比較

■ ボアアップキット ~ ピストン ~

 

94cc化の心臓とも言えるピストン。
ピストンリングは帝国ピストンリング株式会社が受注生産している。
ピストンリングの製造会社の品番はライト・SPL共に352-1083001。

ライトボアアップピストン ライト+ノーマル+SPLピストン SPLボアアップピストン
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

解説:
LIGHT用ピストンとSPL用ピストンですが、同排気量にもかかわらず、その形状はかなり違いがあります。ライトピストンでは写真の通り、ピストンの上部は火山の火口のようにフチを除いて、全体的に一段くぼんでいるような作りになっているのに対し、SPLピス トンの上部においては、逆に全体的に膨らんでいて出っ張っているような構造をしています。

ピストンの写真上方向が吸気側、下が排気側に当たるのですが、ビッグバルブシリンダーヘッドを組み付ける関係上、SPLピストンの頭頂部はバルブが開かれた時に干渉しないように、バルブの形状に沿ってヘコみがつけられています。そのため、『ライトピストン(+シリンダー)+SPLヘッド』は(性能は別にして)組み合わせられますが、『SPLピストン(+シリンダー)+ノーマルヘッド』は組み合わせられません
ただ、シリンダーはライトもSPLも同じ物です。

 

 

 

LIGHTアアップ VS SPLボアアップ シリンダーパーツ比較

■ ボアアップキット ~ シリンダー ~

 

高温の94ccピストンが高速で往復するシリンダー。外側のひだひだ部分(フィン)が、放熱をして自らの温度を下げている。

ノーマルシリンダー ライト&SPL+ノーマルシリンダー ライト&SPLシリンダー(共通パーツ)
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
     

~ 各ポート数値データ ~
ノーマルヘッド
吸気バルブ:20mm
排気バルブ:16mm
吸気ポート:18mm
排気ポート:14mm
二次空気供給ポート:11mm

~ 各ポート数値データ ~

←左:ノーマルヘッド
右→:SPLヘッド
~ 各ポート数値データ ~
SPLヘッド
吸気バルブ:26mm
排気バルブ:22mm
吸気ポート:20mm
排気ポート:18mm
二次空気供給ポート:なし

 

解説:
次にシリンダーですが、ライトボアアップとSPLボアアップのシリンダーにおいて、形状・仕様は同じで、共通のものであることがわかりました。
シリンダーの横にある細長い通気孔はカムチェーンテンショナーリフターの部分で、吸気や排気ポートではありません。

基本的には全体的な大きさは同じで、 ピストンの通る内径(=ボア)が太く開いている物です。クランク側には緑色のガスケット、シリンダーヘッド側には黒い金属製のガスケットが使われます。交換の際はノックピンをなくさないようにしましょう。

 

トゥデイ/ディオ系(AF61/62)のキタコ・LIGHTボアアップキット・SPLボアアップキット

キタコ LIGHTボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
キタコ SPLボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
 
 
 
 
 
 

 

トゥデイ/ディオ系(AF61/62)のタケガワ・Sステージボアップキット

タケガワ:Sステージ ボアアップキット 81cc/Today Dio
タケガワ:Sステージ αボアアップキット 81cc/ NEW Today Dio
タケガワ:ハイパーSステージ ボアUPキット 81cc/ Today Dio
 
 
 
 

 

 

LIGHTアアップ VS SPLボアアップ シリンダーパーツ比較

■ ボアアップキット ~ シリンダーヘッド ~

 

4ストエンジンの要(かなめ)である吸排気バルブがあるシリンダーヘッド。キャブレターからつながる吸気ポートやマフラーへつながる排気ポートがあります。さらに、スパークプラグもエンジン内部に現れ、高圧・高熱を封印している役割りを担う重要パーツ。

ノーマルシリンダーヘッド ライト&SPL+ノーマルシリンダーヘッド ライト&SPLシリンダーヘッド(共通パーツ)
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
~ 各ポート数値データ ~
ノーマルヘッド
吸気バルブ:20mm
排気バルブ:16mm
吸気ポート:18mm
排気ポート:14mm
二次空気供給ポート:11mm
~ 各ポート数値データ ~

←左:ノーマルヘッド
右→:SPLヘッド
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
~ 各ポート数値データ ~
SPLヘッド
吸気バルブ:26mm
排気バルブ:22mm
吸気ポート:20mm
排気ポート:18mm
二次空気供給ポート:なし

解説:
ライトボアアップキットには専用シリンダーヘッドは付属せず、50ccエンジンの物をそのまま使用します。
それに対し、SPLボアアップキットには専用のシリンダーヘッドが付属し、その形状は各ポートの数値が表す通り、まさに別物。

写真のライトボアヘッドには強化スプリングが入れてあります。これは自分で組み入れなくてはなりません(専用または特殊工具が必要)が、入れなくとも正常に動きます。SPLヘッドには購入時から専用強化バルブスプリングが超軽量大型バルブとともに組み込んであります。

SPLの排気ポート側には二次空気供給パイプ用のポートが開いていません。二次エアーは使用しないので、ライトボアアップのようにパーツを入れ替えるだけではなく、チューブ類を説明書どおりにつなぎ替える必要があります。

 

スクーターのボアアップパーツ

キタコ LIGHTボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
キタコ SPLボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
タケガワ:Sステージ ボアアップキット 81cc/Today Dio
タケガワ:Sステージ αボアアップキット 81cc/ NEW Today Dio
タケガワ:ハイパーSステージ ボアUPキット 81cc/ Today Dio

◆ 定番パーツや消耗品は何年待ってもほとんど価格は変わりません。
普段利用する使いやすいネットショップや、価格や送料など比較・検討して、早い時期から思い切って導入し、その後の乗り心地の良い状態を長く楽しんでいく方が、考えて悩んで買わない時間より有意義なスクーター生活になるでしょう。

 

◎ ボアアップキット・パーツの交換・改造関連ページ

ボアアップ作業手順
ハイカムシャフト交換手順
ハイギア交換手順
キャブレター交換・調整手順
ライトボアアップvsSPLボアアップ
原付2種ナンバー申請・登録手順

 

 

 

LIGHTボアアップ VS SPLボアアップ 付属パーツ比較

■ ボアアップ関連のその他のパーツ

 

ノーマルからボアアップする際にはその他の付属部品にも注意してください。

SPL付属パーツ 解説
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ ハイカムシャフト

SPLボアアップキットにはキタコハイカムシャフトが付属しています。ノーマルエンジンに取り付けても性能は向上すると思います。逆にSPLにノーマルを付けても壊れることはありません。

ヘッドに組み付ける際には『バルブクリアランス調整』を必ず行ってください。9ミリスパナを準備しておきましょう。
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ ピストンピン

ライトボアアップとSPLボアアップでは、コンロッド部分にピストンを固定するピストンピンの長さが異なりました。

写真は左から「ライト」「ノーマル」「SPL」です。
原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ ガスケット類

ピストンやシリンダーの太さが異なるため、ノーマルの物とはサイズが違います。ライトとSPLのガスケットは同じサイズの物でした。

解説:
他にもピストンピンクリップやマフラーガスケット、テンショナーガスケット、ピストンリングなどが付属していると思うので、なくさないようにしましょう。

 

 

ボアアップ後はナンバー申請

■ 原付2種ナンバーの申請をして交付を受けましょう

 

取扱説明書のキャブセッティングはMJ70~75(ノーマル72)、SJ35(ノーマルと同じ)とあります。
パワーはSPLが上ですが、ライトキットにはハイコストパフォーマンスの魅力が十分にあります。
その時の予算に応じて選択をするとよいと思います。

二輪免許はあるのに原付しか持っていない方は50ccにこだわる必要はありません。
ボアアップを施したら原付2種ナンバーの申請をして初めて公道を走行できるようになります。

個人でできるナンバー申請要領は原付⇒原付2種ナンバー申請のページを参考にしてください。
原付二種(~124cc)の範囲内であれば区役所や市役所がナンバーの管轄です。
バイクの税金もほとんど変わらないので、40キロで速度を気にしながら乗り続けるよりも、早めに取り付けて堂々と60キロバイクとお付き合いをしませんか?

 

スクーター復活術―不動車両を自力で直す
ツーリングのすべて
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
日本の秘境ツーリング―よりぬき「日本一を探す旅」
ツーリングマップル全日本

 

 

4スト原付+ビッグスクーター改造補足解説

■ 調べればわかる。いや、それじゃわかりにくいから・・・

 

★ちょっと役立つスクーター関連用語&マメ知識

「調べればわかることをどうして調べないの?」
そんなことを言われてしまいそうな初心者の方も、スクーター改造ナビなら安心です。
一緒にこっそりと勉強してしまいましょう♪


原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ ボアアップ
 

ボア(bore)=内径・口径。エンジンのシリンダー・ピストンの口径を大きい物に交換し、排気量を上げ、パワーを上げる改造方法。
50ccの原付所有者はボアアップを施すと、原付ではなくなるため、自動二輪免許所持や原付2種ナンバーに変更する必要があるので、特に注意しましょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 免許があれば早めに
 

買ったばかりのトゥデイ、性能に不満のあるまま「買ったばかりだから」と、パーツ交換をためらっていませんか?
一万キロ乗ってから・・・ではなく、乗ってて楽しいスクーターをこれからの一万キロを走りませんか?

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 各社のボアアップキット
 

キタコからはライトボアアップ、スペシャルボアアップキット、タケガワからはSステージボアアップキット、それにハイカムやビッグキャブなどがセットになった+αのものが出ています。(AF61トゥデイの場合)

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 別格車両へ
 

今までの非力なトゥデイを知っている人にとっては本当に喜びのエンジンパワーに。
そして、小型・中型自動二輪を知っている人にはそれなりの感動が。(笑)

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ 94ccと81ccトゥデイ
 

どちらが速いか・・・イメージ的には94ccの方が速そうに感じられるのですが・・・ピストンの口径が小さいほどエンジンは高回転が可能になるので、排気量=加速力(パワー)であって、=最高速でもないことを覚えておきましょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ キタコ・ライトボアアップ
 

94ccのため、一般的にはピンク色のナンバーとなります。ノーマルのシリンダーヘッドを利用し、交換するのはシリンダーとピストンのみ。
強化バルブスプリングも入っていますが、取り付けるには別の専用工具「バルブスプリングコンプレッサー」が必要です。スプリングは変えなくてもよく走ります。同じ94ccでもSPLキットの方がパワーアップはかなりの違いがあります。SPLのシリンダーヘッドを後から別個に組み付けることはできないのでご注意ください。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ キタコ・SPLボアアップ
 

94cc専用シリンダーヘッドの付属したスペシャルボアアップキット。
吸排気バルブやポートも最適化された専用ヘッドのため、キタコトゥデイ最強基本エンジンとなるでしょう。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ タケガワ・Sステージキット
 

81ccのため、一般的には黄色ナンバーとなります。排気量はキタコのものより小さいものの、その分、ピストンが軽い。そもそもボアアップで排気量がほぼ「倍(50cc→94cc)」になるバイクは珍しいようです。普通は数~数十%増であるのが一般的なボアアップなので、81ccはタケガワの弾き出した理想的な数字なのかもしれないですね。

 

 

 

この章では4ストスクーターやバイク全般についての初歩的な知識を取り上げていきます。

■ 原付スクーター・125ccスクーター・ビッグスクーター 初心者の入門知識

 

原付 + ビッグスクーター カスタム 改造 ナビ TOP
原付+ビッグスクーター改造入門知識ナビ INDEX
4ストスクーターの改造を考える順番 1/2 ←プーリー・リアサスペンション・ハイブリッドCDIについての注意とポイント
4ストスクーターの改造を考える順番 2/2 ←ボアアップ・ハイギア・ビッグキャブレター・マフラーについての注意とポイント
4ストロークと2ストロークエンジンの特性の違い ←4ストと2ストのエンジン構造とスクーターの歴史
スクーター・バイク・整備改造に必要な工具類 ←どんな工具があったらいいか、写真と共にチェックしておきましょう
4ストエンジンオイルの知識 ←ホンダ純正オイルは他社のバイクにももちろん使えます。わかりやすいおすすめオイル
バイクの慣らし運転と暖機運転 ← バイクの慣らし運転はどんな風にしなくてはいけないの?
スクーターの変速メカニズム 1/2 ←ギアのないスクーターがスピードが上がっていくのには理由があります vol.1
スクーターの変速メカニズム 2/2 ←ギアのないスクーターがスピードが上がっていくのには理由があります vol.2
ウエイトローラーセッティング方法 1/2 ← スクーターのプーリー内のウエイトローラーの入れ方と組み合わせ vol.1
ウエイトローラーセッティング方法 2/2 ← スクーターのプーリー内のウエイトローラーの入れ方と組み合わせ vol.1
原付2種ナンバー申請・登録手順 ← 原付スクーターをボアアップした後の自分で行う登録手続き
ライトボアアップvsSPLボアアップ ← 誰も知らないノーマルシリンダーヘッド流用タイプと専用設計シリンダーヘッドの違い
スクーター用ヘルメットの種類 ← 3種類のヘルメットはスクーターのタイプによってチョイスしましょう
スクーター用高機能グローブ ← スクーターにおすすめの防水設計グローブ
スクーター用レインウェア ← スクーターに最適のレインウェアを知ってますか?

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
スクーター改造の基本知識 スクーターの性能データ スクーターの改造手順
原付二種スクーター改造基本スペック バイクツーリングアイテム スクーター改造ナビ

 

原付2種ナンバー申請・登録手順 ←  原付+ビッグスクーター 改造ナビ  → スクーター用ヘルメットの種類

| TOP | スクーター改造知識 | スクータースペック | メンテナンス・改造手順 | スクーターパーツ探し方 | ツーリングアイテム |

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

原付+ビッグスクーター改造


原付+ビッグスクーター
カスタム改造ナビ カテゴリ


原付+ビッグスクーター知識


デスクトップ的リンク

癒しとバイクとカメラ旅
 
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
 
 
ウェアラブルカメラ AEE Magicam SD21
 
 
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
 
 
ソロツーリスト トレックパック40
 

SPECIAL LINKS
バイクツーリングナビ 都道府県ツーリング
バイクツーリングナビ キャンプツーリング
クロスバイク初心者ナビ
サイクリングナビ
about スクーター改造ナビ
サイトの略称は
「スクーター改造ナビ」

当サイトのベース車体はHONDAの50cc・AF-61キャブレタートゥデイデラックス。

紹介動画&改造について
改造ナビ内では、参考映像として動画投稿サイトに公開されている素敵なバイクメンテナンス動画をご紹介させいていただいております。

映像の著作・管理権は投稿者様または配信サイトにあります。

また、パーツやアイテムについての疑問点はショップさんやパーツ開発のメーカーさんにお問い合わせをしましょう。