タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント解説

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

 

タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント解説

■ タイヤ交換を考えましょう

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
 タイヤ交換  改造・交換評価
 改造時期順序 (原付の場合)  15000キロ前後
 作業難易度  バイク店・ホームセンター推奨
 パーツ価格 (原付の場合)  比較的安い(1本3500円前後)
 交換効果  安定走行・スリップ防止
 作業時間  30~60分(ショップ作業)

走行中、たとえエンジンが燃え尽きようとも、プーリーのベルトが切れたとしても、直せば済む話。
しかし、タイヤやブレーキなどのトラブルは直接『命』に関わる大切なパーツ。

それにタイヤ自体がそれほど高いものではなく、タイヤレバーやコンプレッサーなどの専用工具を用意しているバイク屋さんではタイヤ交換にさほど手間や時間がかからないので工賃も安いのです。

タイヤ交換はバイクショップやホームセンターなどでしてもらった方が良いでしょう。

 

 

 

タイヤ交換のポイント

■ タイヤ交換の時期に差し掛かった時のポイント

 

スクーターのタイヤを換える時期が来た時、わざわざ店頭には並んでいない純正の謎の海外メーカーのタイヤを取り寄せてもらい、それに履き替える必要はありません。スクーターに合うタイヤのサイズを確認して、そこそこ知名度のある実績のあるタイヤを選択しましょう。

 

■ スクーターのフロントタイヤ(前輪)・リアタイヤ(後輪)

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

フロント(前輪)タイヤ

フォークカバーをめくると外すことはできる。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

リア(後輪)タイヤ

リアタイヤを換える際、マフラーも外す必要がある。


■ タイヤサイズ表記の意味

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

ダンロップ 「D306」

中国生産のトゥデイのノーマルタイヤから履き替えたダンロップのD306というタイヤ。トゥデイのホイールサイズに適合するオールラウンドタイヤです。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

3.00-10 42 J

タイヤのサイズなどを表す数値。

タイヤのサイズの表示解説

トゥデイとDIOのタイヤは前後同じサイズのチューブレスタイヤです。
純正ノーマルタイヤのサイズは80/100-10 46J(メトリック表示)です。

80(mm)と言うのはタイヤの幅。
100というのは扁平率と言ってタイヤの幅に対する高さの比率。
ホイールから路面までの距離に影響する数値です。

そして「80/100-10」の『 -10 』の部分はタイヤの大きさ・・・「インチ」にあたります。

これは、ダンロップの『D306』が使用し ている表記(インチ表示)だと、3.00インチの幅、ホイール直径10インチのタイヤに相当します。

『46J』や『42J』というのは、タイヤの許容重量(荷重指数)と許容最高スピード(速度記号)。
「46」は46キロまで・・・ではなく、荷重指数46。
これは170キログラムまで積載できる耐久設計。
ダンロップは「42」で、こちらは150キログラムまでのようです。

アルファベットの「J」は速度。「J」の場合は100km/hまでを考慮して設計されているとのこと。
ちなみにトゥデイの規定空気圧は前輪1.25kgf/cm2、後輪2.00kgf/cm2です。

 

タイヤの交換・取り付けの改造・カスタマイズのポイントと注意点

★ ショップでの交換をお勧めします。外す必要はありませんが知識だけは押さえておきましょう。

 

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ・スクーター高性能改造パーツセレクション


原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ・スクーターカスタム改造パーツ

IRC MB90 80/100-10 46J TL
DUROタイヤ 80/100-10 46J HF261 T/L
ダンロップ D306 80/100-10 46J TL
ダンロップ RUNSCOOT [ D307 ] 80/100-10 (46J) TL
SR561 スクーター用タイヤ 80/100-10 46J TL|80/100-10 46J
ブリヂストン MOLAS ML31 (FRONT) 80/100-10 46J TL
ブリヂストン MOLAS ML32 (REAR) 80/100-10 46J TL
【ホンダToday用 】80/100-10 スノーチェーン
 
 
 
 
ダンロップ 10インチタイヤ >> ブリヂストン 10インチタイヤ >> IRC 10インチタイヤ >>

 

 

タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント

■ インプレッション・フィーリング

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

タイヤは信頼度の高いものを選ぼう

グリップ力と耐久性は裏表の関係にあります。
ダンロップやブリヂストンなど有名なメーカーを選ぶことをお勧めします。

純正タイヤの不安情報を耳にしたことはありませんか?
不安なままコーナーリングのたびに横滑りのイメージが頭をよぎってしまって、曲がる時にはそのこと ばかりに気を取られ、おっかなびっくり走行するのは非常に危険です。この際サスペンションと同時に交換をし、緊張したコーナーリングから解放されることをお勧めします。

タイヤとサスペンションを変えて、しばらく慣らし運転をした後はようやく普通のバイクのように自然なコーナーリングができるようになりました。
速度が乗ってきた5~60キロ台で加速している時に隣の車線や歩道に不穏な動きを察知しても、「クイッ」とすばやく移動して警戒することができます。

もうひとつは「すり減った」タイヤを交換する時です。
何キロで交換・・・という目安ではなく、実際にタイヤを見て判断したいところです。

タイヤのすり減り方は空気圧によっても変わってきます。
少ない空気圧のまま走り続けると、タイヤの溝の部分が均等にすり減っていかず、デコボコに減っていきます。
溝はまだ残っているというのにデコボコになって減ってしまったタイヤで走っているとタイヤ自身が「抵抗」になるため、燃費が悪くなります。

デコボコに減ってしまったタイヤはそのまま走っていても均等に削れていく事は無く、どんどんデコボコがひどくなるものと思っ他方が良いでしょう。

スクーターに頻繁に乗る人やロングツーリングを計画している人は、費用対効果から考えればそれほど高いものではありませんので、ネット価格を調べておいたあと、バイク屋さんで店頭価格を見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

;
【 Dio 原付タイヤ交換 】 【 素人のスクータ・原付のタイヤ交換 タイヤレバー 手組み 】

 

すぐに決断を下していかなければならない時に、「タイヤがついていかないかも」との不安でゆっくり危険から離れていかなければならない状況は案外多いと思います。ノーマルタイヤと上級タイヤでは格差が大きく、思い切って換えてしまうことにより、大好きなバイクによって不幸に遭う確率を大きく低下させるでしょう。

車体価格の安いスクーターの場合、一度ぶつかれば修理代が新車価格より高くついてしまう場合もあります。
他人を巻き込めばその額は跳ね上がり・・・。

ボアアップをして小型自動二輪車両となった方は、足回りの交換は早めに行った方がよいでしょう。
雨の日で曲がるたびに転ぶようなことのないように、交換時期を迎えている方は、これを機会に思い切って換えることをおすすめします。

 

スクーター復活術―不動車両を自力で直す
ツーリングのすべて
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
日本の秘境ツーリング―よりぬき「日本一を探す旅」
ツーリングマップル全日本

 

 

4スト原付+ビッグスクーター改造補足解説

■ 調べればわかる。いや、それじゃわかりにくいから・・・

 

★ ちょっと役立つスクーター関連用語&マメ知識

「調べればわかることをどうして調べないの?」
そんなことを言われてしまいそうな初心者の方も、スクーター改造ナビなら安心です。
一緒にこっそりと勉強してしまいましょう♪


原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ タイヤ
 

知らず知らずのうちに磨り減っている物。ゴム部分で路面を押し進めている頑張り屋さん。スクーターのような手軽な乗り物ではあまり気にする人は少ないのですが、トゥデイのタイヤの場合は少し気を使った方がいいと思います。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ スリップ
 

摩擦力により静止していた物が限界を超えると接触面がズレる。それがスリップです。
高速回転しているタイヤであっても、接地面とタイヤは静止状態。だから進むことができます。
グリップ力はその静止性能が高いかどうかを表わします。



 

 

この章では4ストスクーターやバイク初心者でも施したい改造・自分でできる整備方法・手順を解説していきます。

■ 原付スクーター・125ccスクーター・ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説

 

原付 + ビッグスクーター カスタム 改造 ナビ TOP
原付+ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
スクーターの専用メッキパーツの装着 ←車種によっては専用メッキパーツが存在します
スクーターのメッキモールのドレスアップ ←お手軽カスタムのメッキモール装飾はオーナーのセンス次第
アルミ調フロアパネル(ステップボード装飾) ←手作りカスタムで印象をガラッと変えましょう♪
スクーターのサイドスタンド取り付け手順 ←有ると無いとでは大違いの利便性UPの改造パーツ!
高輝度ハロゲンヘッドライトバルブ交換手順解説 ←夜間走行をもっと安全に!明るいハロゲンライトへ交換してみましょう
リアサスペンションの交換・取り付け手順解説 ←乗り心地の変化は全く変わる驚きのリアサス効果!
タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント解説 ←わざわざノーブランドの新品ノーマルタイヤに換えますか??
リアボックス・リアトランク取り付け手順解説 ←積載量を倍増するスクーターの拡張パーツ!
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (1/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方1
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (2/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方2
ドライブベルト交換・取り付け手順解説 ←強化ベルトで最高速度の復活させましょう
ハイブリッドCDIユニット交換・取り付け手順解説 ←原付4ストスクーターの限界を超えるCDIユニットの取り付け方
イリジウムスパークプラグ交換・取り付け手順解説 ←グレードの高いプラグで確実で強力なスパーク!
スクーターのエンジンオイル交換手順解説 ←自分で換える4ストエンジンオイルの交換手順解説
スクーターのボアアップ作業手順解説 (1/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!1
スクーターのボアアップ作業手順解説 (2/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!2
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (1/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順1
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (2/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順2
エアクリーナー加工解説 ←吸気の効率UPにはやはり入口が重要かもですよ♪
スクーターのハイギア交換手順解説 (1/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント1
スクーターのハイギア交換手順解説 (2/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント2
スクーターのノーマル・社外プーリー加工方法解説 ←ホームセンター工具で相性抜群のノーマルプーリーを加工してみましょう
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (1/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整1
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (2/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整2
スクーターのマフラー交換作業手順解説 ←排気効率を変化させるドレスアップカスタムパーツ
スクーターのフレームボディーカバーの外し方 ←慣れると5分で外すことができるメインカバー外しの手順解説
スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 ←大がかりな整備・改造をする場合の必要手順
スクーターのシリンダーヘッドの外し方 ←ボアアップ・ハイカムの改造に必須のシリンダーヘッドの外し方手順解説

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
スクーター改造の基本知識 スクーターの性能データ スクーターの改造手順
原付二種スクーター改造基本スペック バイクツーリングアイテム スクーター改造ナビ

 

リアサスペンションの交換・取り付け ←  原付+ビッグスクーター 改造ナビ  → リアボックス・リアトランク取り付け

| TOP | スクーター改造知識 | 原付スクーター改造 | メンテナンス・改造手順 | 二種スクーター改造 | ツーリング最適化 |

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

原付+ビッグスクーター改造


原付+ビッグスクーター
カスタム改造ナビ カテゴリ


原付+ビッグスクーター改造


デスクトップ的リンク

癒しとバイクとカメラ旅
 
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
 
 
ウェアラブルカメラ AEE Magicam SD21
 
 
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
 
 
ソロツーリスト トレックパック40
 

SPECIAL LINKS
バイクツーリングナビ 都道府県ツーリング
バイクツーリングナビ キャンプツーリング
クロスバイク初心者ナビ
サイクリングナビ
自分生活を楽しもう♪

about スクーター改造ナビ
サイトの略称は
「スクーター改造ナビ」

当サイトのベース車体はHONDAの50cc・AF-61キャブレタートゥデイデラックス。

紹介動画&改造について
改造ナビ内では、参考映像として動画投稿サイトに公開されている素敵なバイクメンテナンス動画をご紹介させいていただいております。

映像の著作・管理権は投稿者様または配信サイトにあります。

また、パーツやアイテムについての疑問点はショップさんやパーツ開発のメーカーさんにお問い合わせをしましょう。