スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

 

スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方

■ スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

フレームボディーカバーとフロアパネルを外したトゥデイ

ここから始まるパーツ交換も多いく、慣れると5分もかからず外すことができる。

大掛かりな整備・改造の際、何度か外す必要のあるこの部分。
外し方の順序を覚えて作業をさくさく進めましょう。

準備物 ★・・必須品
★ ラチェットレンチセット
★ ドライバーセット

 

 

■ スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 作業手順 1

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

フレームボディーカバーを外す

別ページフレームボディーカバーを外すまでを参考に外していきましょう。

 

■ スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 作業手順 2

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

フロントタイヤの手前部分にあるネジ

前輪側から見るとすぐに見つけられる。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

フロアパネル

四隅にあるボルトをラチェットレンチで外し、バッテリーの入ったフタもドライバーで外しましょう。

作業手順
① 前輪付近のカバーネジを外す。
① フロアパネルの4つのボルトとバッテリーBOXのネジも外す。


■ スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 作業手順 3

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

バッテリー、ノーマルCDIが納まっている部分

中にカバーを留めているネジがあるので、それも外す。

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

CDIとバッテリーのコードも外す

フロアパネルを取り外すには、ボディー本体とつながっているCDIやバッテリーコードも一旦外さなければならない。

作業手順
① エンジンキーがOFFであることを確認する。(感電防止)
② バッテリーBOXを開けたら中のフロアパネルを固定しているネジも外す。
③ CDIのコードを外す。(黒い箱がCDI)
④ バッテリーからドライバーでコードを外す。
⑤ 外したコードをパネルの穴から外に出す。

注意事項・特記事項
★ ②のネジを外せばパネルを動かすことができる。配線の伸びる範囲で配線を付けたままパネルを外し、車体のそばに立てかけて作業するとラクでよい。

 

■ スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 完了

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

骨組み状態となったサイボーグF61トゥデイ

ようやくフロアパネルが外せました。

作業手順
① フロアパネル全体を引き上げるとカバーを外すことができる。

 

スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 改造・カスタマイズのポイントと注意点

注意事項・特記事項
★ ボルトやネジなどを失くさないようにして次の作業に取り掛かりましょう。

 

 

【 レッツ4【CA41A・CA45A】のフロントカバーを外してみた 】 【 レッツ4・G【CA41A・43A・45A】のメットインボックスを取り外してみた 】

 

スクーター復活術―不動車両を自力で直す
ツーリングのすべて
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
日本の秘境ツーリング―よりぬき「日本一を探す旅」
ツーリングマップル全日本

 


4スト原付+ビッグスクーター改造補足解説

■ 調べればわかる。いや、それじゃわかりにくいから・・・

 

★ ちょっと役立つスクーター関連用語&マメ知識

「調べればわかることをどうして調べないの?」
そんなことを言われてしまいそうな初心者の方も、スクーター改造ナビなら安心です。
一緒にこっそりと勉強してしまいましょう♪


原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ フロアパネル
 

足を乗せるステップ部分のカバー。トゥデイのサービスマニュアルではフロアパネルと名付けられています。
ステップボードなどと呼ばれることもある。



 

 

この章では4ストスクーターやバイク初心者でも施したい改造・自分でできる整備方法・手順を解説していきます。

■ 原付スクーター・125ccスクーター・ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説

 

原付 + ビッグスクーター カスタム 改造 ナビ TOP
原付+ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
スクーターの専用メッキパーツの装着 ←車種によっては専用メッキパーツが存在します
スクーターのメッキモールのドレスアップ ←お手軽カスタムのメッキモール装飾はオーナーのセンス次第
アルミ調フロアパネル(ステップボード装飾) ←手作りカスタムで印象をガラッと変えましょう♪
スクーターのサイドスタンド取り付け手順 ←有ると無いとでは大違いの利便性UPの改造パーツ!
高輝度ハロゲンヘッドライトバルブ交換手順解説 ←夜間走行をもっと安全に!明るいハロゲンライトへ交換してみましょう
リアサスペンションの交換・取り付け手順解説 ←乗り心地の変化は全く変わる驚きのリアサス効果!
タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント解説 ←わざわざノーブランドの新品ノーマルタイヤに換えますか??
リアボックス・リアトランク取り付け手順解説 ←積載量を倍増するスクーターの拡張パーツ!
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (1/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方1
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (2/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方2
ドライブベルト交換・取り付け手順解説 ←強化ベルトで最高速度の復活させましょう
ハイブリッドCDIユニット交換・取り付け手順解説 ←原付4ストスクーターの限界を超えるCDIユニットの取り付け方
イリジウムスパークプラグ交換・取り付け手順解説 ←グレードの高いプラグで確実で強力なスパーク!
スクーターのエンジンオイル交換手順解説 ←自分で換える4ストエンジンオイルの交換手順解説
スクーターのボアアップ作業手順解説 (1/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!1
スクーターのボアアップ作業手順解説 (2/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!2
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (1/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順1
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (2/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順2
エアクリーナー加工解説 ←吸気の効率UPにはやはり入口が重要かもですよ♪
スクーターのハイギア交換手順解説 (1/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント1
スクーターのハイギア交換手順解説 (2/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント2
スクーターのノーマル・社外プーリー加工方法解説 ←ホームセンター工具で相性抜群のノーマルプーリーを加工してみましょう
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (1/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整1
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (2/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整2
スクーターのマフラー交換作業手順解説 ←排気効率を変化させるドレスアップカスタムパーツ
スクーターのフレームボディーカバーの外し方 ←慣れると5分で外すことができるメインカバー外しの手順解説
スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 ←大がかりな整備・改造をする場合の必要手順
スクーターのシリンダーヘッドの外し方 ←ボアアップ・ハイカムの改造に必須のシリンダーヘッドの外し方手順解説

 

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ
スクーター改造の基本知識 スクーターの性能データ スクーターの改造手順
原付二種スクーター改造基本スペック バイクツーリングアイテム スクーター改造ナビ

 

フレームボディーカバーの外し方 ←  原付+ビッグスクーター 改造ナビ  → シリンダーヘッドの外し方

| TOP | スクーター改造知識 | 原付スクーター改造 | メンテナンス・改造手順 | 二種スクーター改造 | ツーリング最適化 |

原付+ビッグスクーターカスタム改造ナビ

原付+ビッグスクーター改造


原付+ビッグスクーター
カスタム改造ナビ カテゴリ


原付+ビッグスクーター改造


デスクトップ的リンク

癒しとバイクとカメラ旅
 
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
 
 
ウェアラブルカメラ AEE Magicam SD21
 
 
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
 
 
ソロツーリスト トレックパック40
 

SPECIAL LINKS
バイクツーリングナビ 都道府県ツーリング
バイクツーリングナビ キャンプツーリング
クロスバイク初心者ナビ
サイクリングナビ
自分生活を楽しもう♪

about スクーター改造ナビ
サイトの略称は
「スクーター改造ナビ」

当サイトのベース車体はHONDAの50cc・AF-61キャブレタートゥデイデラックス。

紹介動画&改造について
改造ナビ内では、参考映像として動画投稿サイトに公開されている素敵なバイクメンテナンス動画をご紹介させいていただいております。

映像の著作・管理権は投稿者様または配信サイトにあります。

また、パーツやアイテムについての疑問点はショップさんやパーツ開発のメーカーさんにお問い合わせをしましょう。