スクーターのボアアップ作業手順解説 (2/2)

スクーター改造ナビ

 

スクーターのボアアップ作業手順解説 (2/2)

■ ピストン・シリンダーを交換してハイパースクーターにする スクーターのボアアップ作業手順解説

 

スクーター改造ナビ
 ボアアップ  改造・交換評価
 改造時期順序 (原付の場合)  二輪免許があれば即推奨
 作業難易度  大変
 パーツ価格 (原付の場合)  高い(2~3.5万円前後)
 交換効果  別格車両へ
 作業時間  6~10時間

 

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 8

スクーター改造ナビ

ピストンにピストンリングを付ける

燃焼室に送り込まれた混合気を圧縮するにはピストンリングが必要不可欠。

他にもシリンダー内のオイルをかき落としたりする意味のあるピストンリング。割れたり、摩耗したりすると気密が保たれず、エンジンの馬力は落ち、燃焼室内へエンジンオイルも漏れてしまう。

スクーター改造ナビ

折れないように慎重に

折れたり割れたりしてもスペアはない。
写真を参考にうまくリングの上下を間違えないように、溝にハマるようにセットしましょう。

スクーター改造ナビ

ピストンリングの役割

ピストンの溝は3つ。
上から1・2本のリングは爆発した燃焼室の気密をシャットアウトするリング。
一番下のリングはエンジンオイルの余剰分をかき落とすためのリング。

リングの切れ込み(合わせ部分)にも方向があるので、説明書を無くさないようにしましょう。

作業手順
① 交換するピストンにピストンリングを組み付ける。(台形のような形で、セットするのが基本)

注意事項・特記事項
★ ピストンリングには上下(裏表)のあるものもあるので、説明書のイラストと実物をよく見比べて組み付けてください。

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 9

スクーター改造ナビ

新しいピストンを取り付ける

写真のピストンはトゥデイ用キタコSPLピストン。
ピストンの表面の切れ込みはシリンダーヘッドの大型バルブが当たらないように削り込んである。上下方向を間違えて取り付けるとピストンや開閉バルブが破損するので要注意。

スクーター改造ナビ

ピストンピンクリップで固定

ピストンをコンロッド(シャフト)に取り付け、ピストンピンを差し込み、ラジオペンチなどを使ってピストンピンクリップを挿入します。

作業手順
① ピストンをクランクシャフトのコンロッドに取り付け、新しいピストンピンクリップをしっかり押し込み、ピストンを固定する。

注意事項・特記事項
★ ピストンピンクリップを付ける作業も苦戦すると思います。あらかじめ少しだけペンチで輪をつぶして入れると入りやすいかもしれません。
エンジン本体のクランクケースにクリップを落とさないように気をつけましょう。もし、落としたら、磁力のあるドライバーなどで拾い上げましょう。
★ ピストンには取り付ける方向(上下)があります。「EX」という刻印は「排気側」という意味。トゥデイの場合、車体の下がマフラーにつながっているため、「EX」マークは下となります。

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 10

スクーター改造ナビ

シリンダーを取り付ける

ピストンを取り付けたら、ボアアップ用シリンダーを取り付けます。
付属品のオイル漏れ防止のための新品ガスケットを付け忘れないようにしましょう。

スクーター改造ナビ

スクーター改造ナビ

シリンダー通過中

ピストンリングはシリンダーの内壁で広がるように設計されているので、手ですぼめながらシリンダーを取り付けなくてはなりません。3つのリングの切り込み口の位置も変わらないように上手に入れ込みましょう。

カムチェーンを先に通さないと組み上がりませんのであせらず作業を進めましょう。

作業手順
① 新しいガスケットを4本のシャフトに通し、貼り付ける。
② 右側のカムチェーン側(=長方形の穴)の上下2本のシャフトにノックピンを通す。
② ピストンリングを抑えながら、交換する新しいシリンダーを取り付ける。(カムチェーンを針金で引っ張った状態で通過させる)

注意事項・特記事項
★ 外した時と同じ要領で組み付けましょう。

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 11

スクーター改造ナビ

シリンダーヘッドを取り付ける

シリンダーとヘッドの間には金属製のガスケットが挟みこまれます。ガスケットはがしや、ピストンピンクリップのはめ込みなどで時間はかかりますが、基本的にパーツを取り替えるだけの作業なんですよね・・・。

スクーター改造ナビ

カムシャフトホルダーを仮組みする

カムスプロケット(歯車)とチェーンは一コマずれるとエンジンがかかりません。調整のためのTマーク合わせを行うので、今ボルトで完全固定する必要はありません。

作業手順
① シリンダーを通した時のように針金でカムチェーンのテンションを保ったまま、金属ガスケットを通す。
② 右側にカムチェーンの通る長方形の穴部分だとすると、右上・左下のシャフトにノックピンを通す。
③ 金属ガスケットを通したように、シリンダーヘッドをシャフトに挿し込み、ボルト締めをする。
④ カムシャフトホルダーをセットし、カムスプロケットをボルトで軽く止める。

☆ シリンダーヘッドを外すまでのページも参考にシリンダーヘッドを組みつけてください。
☆ ハイカムシャフト交換・取り付けのページを参考にカムシャフトホルダーを仮組みしてください。

注意事項・特記事項
★ 外した時の逆の手順で組み付けていきます。

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 12

スクーター改造ナビ

Tマーク(バルブタイミング)合わせについて

カムシャフトは吸排気バルブの開閉タイミングを決定しています。ここのタイミングがズレるとエンジンはかかりません。

ピストンが伸びきった状態の時、排気バルブが閉じている状態を作り出すため、その場所(下写真Tマークと切れ込みを合致させ)で、カムスプロケット(歯車)とチェーンのコマを合わせて固定するのです。

スクーター改造ナビ

クーリングファンは普段は黒いカバーで覆われている

見やすいようにカバーを排除した写真です。
写真左の中指の指し示す部分に、写真右の「T」のマークが来るようにしておき、そこでカムスプロケットの番号2を上部にくるようにチェーンを掛け、ボルトで固定します。

スクーター改造ナビ

カムテンションリフターを固定する

シリンダーヘッドを外すまでのページを参考に、カムテンションリフターを固定します。

作業手順
① クーリングファンを回しピストンが一番飛び出している状態(上死点)のTマークを切り込み場所に合わせる。
② カムスプロケットに刻印されている2の数字を上部にした場所でチェーンを掛け、カムシャフト・カムスプロケットをボルトでしっかり固定する。
③ カムテンションリフターを固定する。

注意事項・特記事項
★ 作業の一つでも手を抜くと、たいていそこが原因でエンジンがかかりません。
逆を言えば全部しっかりできていれば絶対エンジンはかかります。

 

■ スクーターのボアアップ作業手順 13

スクーター改造ナビ

バルブクリアランス調整をする

カムシャフトホルダーとシリンダーヘッドの吸排気バルブとの間は触れる程度の接触状態に調整します。
バルブを押さえ込んでいるスパナを2本用いてロッカーアームのナットを緩めて調整しましょう。

作業手順
① バルブクリアランス(隙間)を調整する。

注意事項・特記事項
★ シックネスゲージを挟み込みながらロッカーアームを調整するのが正規の方法ですが、無くても調整ができます。

 

■ スクーターのボアアップ作業 完了

スクーター改造ナビ

以上でボアアップ作業自体は完了

4ストエンジンボアアップの重要点はご紹介いたしました。
左のエンジン写真の穴が作業工程のどこに当たるかわかりますか?
写真エンジン左下はカムテンションリフターのネジがはまっていた部分。
中央手前の穴がキャブレターからの穴です。

スクーター改造ナビ

他の参考ページの手順を忘れずに組み上げましょう

マフラーや2次エアーパイプの取り付け、バッテリー接続、プラグキャップエンジンオイル注油・・・などなど、忘れてはならない作業がまだまだあります。

ハイカムシャフトへ交換する人は途中で忘れずに作業しましょう。

スクーター改造ナビ

カバー類を装着する前にエンジン始動チェックしましょう

問題なく組んであればエンジンは一発でかかります。
エンジンパーツを新品に換えたことになりますので、エンジンとしては新車同様の状態なのです。

シリンダーヘッドを組み込みフロアパネルフレームボディーカバーを装着してボアアップ作業完了です。

注意事項・特記事項
★ ガスケットやノックピン、シリンダーヘッドについている黒いシールラバー(ゴム)など、付け忘れしやすいものが多いので、確実に仕上げていきましょう。


スクーターのボアアップ 改造・カスタマイズのポイントと注意点

注意事項・特記事項
★ 初めての作業であれば全工程は10時間くらいかかると思っておいた方がよいでしょう。
ボアアップをした後は、全開走行してみたい気持ちをグッとこらえて慣らし運転に入りましょう

 

 

スクーター改造ナビ・スクーター高性能改造パーツセレクション


スクーター改造ナビ・スクーターカスタム改造パーツ

キタコ LIGHTボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
キタコ SPLボアアップKIT 94CC 50-94 TODAY
タケガワ:Sステージ ボアアップキット 81cc/Today Dio
タケガワ:Sステージ αボアアップキット 81cc/ NEW Today Dio
タケガワ:ハイパーSステージ ボアUPキット 81cc/ Today Dio
キタコ IーMAP(VER.2) [ JOGZR-FI ]
キタコ IーMAP(インジェクションコントロールユニット) [ ZOOMER-FI ]
キタコ I-MAP(インジェクションコントロールユニット) Dio110
キタコ I-MAP(インジェクションコントロールユニット) AXIS TREET
キタコ IーMAP(インジェクションコントロールユニット) [ シグナスX125-FI ]
ズーマー用改造パーツ >> トゥデイ用改造パーツ >> ディオ用改造パーツ >>
ジョルノ用改造パーツ >> スクーピー用改造パーツ >> ダンク用改造パーツ >>
ビーノ用改造パーツ >> ボックス用改造パーツ >> ジョグ用改造パーツ >>
アドレスV50/G用改造パーツ >> レッツ4/5用改造パーツ >> チョイノリ用改造パーツ >>

 

 

スクーターのボアアップ作業手順

■ インプレッション・フィーリング

 

スクーター改造ナビ

ボアアップは燃焼室の容積をUPさせる排気量増大チューン

ただ単に燃焼室の容積を拡張させるノーマルシリンダーヘッド流用型のライトボアアップキットと、吸排気効率を上げるための専用シリンダーヘッドの開発もされたスペシャルボアアップキットなど、ボアアップパーツが出ている車種にはバリエーションがある場合もあります。

紹介モデルのトゥデイは、同じスクーターでキタコのライトボアアップをSPLボアアップにしたスクーターです。
ライトボアアップキットは外した50ccのノーマルシリンダーヘッドを付け直すタイプのキットですが、SPLボアアップキットには吸排気効率を大幅に上げた専用シリンダーヘッドが付属しているキットです。

両者を実際に比較するとやはりトルクにかなり違いがあり、中高速の加速は気持ちよく、アクセルを開ければ加速力で身体がハンドルに引っ張られるような感触!まるで別物の力強さです。

50ccが 94ccになるということは、排気量がほぼ倍になったということ。他のバイクでは何%UPというのが普通であって、この容量UP率は驚異的なボアアップです。ただ、初めから100ccクラスの他の原付2種バイクの最高速度には届かないので、94cc(キタコ)・81cc(タケガワ)のバイクとしてはおそらく最遅です。でも、間違 いなく最安値レベルの2種スクーターと言えるかもしれません。

原付ではないナンバーを取得し、「堂々と60キロで走れるようになった」くらいな気持ちで、自分だけのバイクを楽しんでいきましょう。

 

◎ ボアアップキット・パーツの交換・改造関連ページ

ボアアップ作業手順
ハイカムシャフト交換手順
ハイギア交換手順
キャブレター交換・調整手順
ライトボアアップvsSPLボアアップ
原付2種ナンバー申請・登録手順

 

スクーター復活術―不動車両を自力で直す
ツーリングのすべて
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
日本の秘境ツーリング―よりぬき「日本一を探す旅」
ツーリングマップル全日本

 

 

4スト原付+ビッグスクーター改造補足解説

■ 調べればわかる。いや、それじゃわかりにくいから・・・

 

★ ちょっと役立つスクーター関連用語&マメ知識

「調べればわかることをどうして調べないの?」
そんなことを言われてしまいそうな初心者の方も、スクーター改造ナビなら安心です。
一緒にこっそりと勉強してしまいましょう♪


スクーター改造ナビ ボアアップ
 

ボア(bore)=内径・口径。エンジンのシリンダー・ピストンの口径を大きい物に交換し、排気量を上げ、パワーを上げる改造方法。50ccの原付所有者はボアアップを施すと、原付ではなくなるため、自動二輪免許所持や原付2種ナンバーに変更する必要があるので、特に注意しましょう。

スクーター改造ナビ ガスケット
 

液体・気体の漏れ止めの金属・ゴムなど。写真のように平たいゴムや金属のようなものもあれば、塗りつけるためのチューブに入った液状ガスケットもあります。

スクーター改造ナビ ピストンリング
 

ピストンに輪のように組み付いている「C字」のリング。最上部のリングはシリンダーの内壁にピッタリ密着し、燃焼室からの排気漏れを防いでいます。

スクーター改造ナビ キタコ・ライトボアアップ
 

94ccのため、一般的にはピンク色のナンバーとなります。ノーマルのシリンダーヘッドを利用し、交換するのはシリンダーとピストンのみ。強化バルブスプリングも入っていますが、取り付けるには別の専用工具「バルブスプリングコンプレッサー」が必要です。スプリングは変えなくてもよく走るそうです。同じ94ccでもSPLキットの方がエンジン性能は高いようです。SPLのシリンダーヘッドを後から別個に組み付けることはできないのでご注意ください。

スクーター改造ナビ キタコ・SPLボアアップ
 

94cc専用シリンダーヘッドの付属したスペシャルボアアップキット。吸排気バルブやポートも最適化された専用ヘッドのため、キタコトゥデイ最強基本エンジンとなるでしょう。

スクーター改造ナビ タケガワ・Sステージキット
 

81ccのため、一般的には黄色ナンバーとなります。排気量はキタコのものより小さいものの、その分、ピストンが軽い。そもそもボアアップで排気量がほぼ「倍(50cc→94cc)」になるバイクは珍しいようです。普通は数~数十%増であるのが一般的なボアアップのようなので、81ccはタケガワの弾き出した理想的な数字なのかもしれないですね。


 

 

この章では4ストスクーターやバイク初心者でも施したい改造・自分でできる整備方法・手順を解説していきます。

■ 原付スクーター・125ccスクーター・ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説

 

原付 + ビッグスクーター カスタム 改造 ナビ TOP
原付+ビッグスクーターの改造・メンテナンス方法・やり方解説 INDEX
スクーターの専用メッキパーツの装着 ←車種によっては専用メッキパーツが存在します
スクーターのメッキモールのドレスアップ ←お手軽カスタムのメッキモール装飾はオーナーのセンス次第
アルミ調フロアパネル(ステップボード装飾) ←手作りカスタムで印象をガラッと変えましょう♪
スクーターのサイドスタンド取り付け手順 ←有ると無いとでは大違いの利便性UPの改造パーツ!
高輝度ハロゲンヘッドライトバルブ交換手順解説 ←夜間走行をもっと安全に!明るいハロゲンライトへ交換してみましょう
リアサスペンションの交換・取り付け手順解説 ←乗り心地の変化は全く変わる驚きのリアサス効果!
タイヤ交換のすすめ・サイズ表示のポイント解説 ←わざわざノーブランドの新品ノーマルタイヤに換えますか??
リアボックス・リアトランク取り付け手順解説 ←積載量を倍増するスクーターの拡張パーツ!
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (1/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方1
ハイスピードプーリー交換・取り付け手順解説 (2/2) ←加速と最高速を上げるハイスピードプーリーの組み込み方2
ドライブベルト交換・取り付け手順解説 ←強化ベルトで最高速度の復活させましょう
ハイブリッドCDIユニット交換・取り付け手順解説 ←原付4ストスクーターの限界を超えるCDIユニットの取り付け方
イリジウムスパークプラグ交換・取り付け手順解説 ←グレードの高いプラグで確実で強力なスパーク!
スクーターのエンジンオイル交換手順解説 ←自分で換える4ストエンジンオイルの交換手順解説
スクーターのボアアップ作業手順解説 (1/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!1
スクーターのボアアップ作業手順解説 (2/2) ←まるで別物のスクーターへ変わる最強改造ボアアップ手順解説!2
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (1/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順1
ハイカムシャフト交換・取り付け手順解説 (2/2) ←高速回転時の吸排気効率の最適化が図れるハイカムシャフトの交換手順2
エアクリーナー加工解説 ←吸気の効率UPにはやはり入口が重要かもですよ♪
スクーターのハイギア交換手順解説 (1/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント1
スクーターのハイギア交換手順解説 (2/2) ←スクーターにもギアがある!最高速重視の改造ポイント2
スクーターのノーマル・社外プーリー加工方法解説 ←ホームセンター工具で相性抜群のノーマルプーリーを加工してみましょう
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (1/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整1
スクーターのキャブレター交換・調整手順解説 (2/2) ←ノーマルエンジンの最大効率化が図れるキャブレター調整2
スクーターのマフラー交換作業手順解説 ←排気効率を変化させるドレスアップカスタムパーツ
スクーターのフレームボディーカバーの外し方 ←慣れると5分で外すことができるメインカバー外しの手順解説
スクーターのフロアパネル(ステップボード)の外し方 ←大がかりな整備・改造をする場合の必要手順
スクーターのシリンダーヘッドの外し方 ←ボアアップ・ハイカムの改造に必須のシリンダーヘッドの外し方手順解説

 

スクーター改造ナビ
スクーター改造の基本知識 スクーターの性能データ スクーターの改造手順
原付二種スクーター改造基本スペック バイクツーリングアイテム スクーター改造ナビ

 

スクーターのボアアップ作業手順1 ←  原付+ビッグスクーター 改造ナビ  → ハイカムシャフト交換・取り付け手順1

| TOP | スクーター改造知識 | 原付スクーター改造 | メンテナンス・改造手順 | 二種スクーター改造 | ツーリング最適化 |

スクーター改造ナビ

原付+ビッグスクーター改造


原付+ビッグスクーター
カスタム改造ナビ カテゴリ


原付+ビッグスクーター改造


癒しとバイクとカメラ旅
 
いますぐ使える バイクツーリング完全マニュアル
 
 
ウェアラブルカメラ AEE Magicam SD21
 
 
Amazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグ
 
 
ソロツーリスト トレックパック40
 

広告

about スクーター改造ナビ
サイトの略称は
「スクーター改造ナビ」

当サイトのベース車体はHONDAの50cc・AF-61キャブレタートゥデイデラックス。

紹介動画&改造について
改造ナビ内では、参考映像として動画投稿サイトに公開されている素敵なバイクメンテナンス動画をご紹介させいていただいております。

映像の著作・管理権は投稿者様または配信サイトにあります。

また、パーツやアイテムについての疑問点はショップさんやパーツ開発のメーカーさんにお問い合わせをしましょう。